陶山だけどキタテハ

金の買取が今流行りですね。近年では、様々な種類の店舗が金やプラチナの買取を謳って営業しています。リサイクルショップなどはその好例でしょう。生活雑貨や電化製品などを買い取ってくれる店ですが、サービスを拡大し、金などの買取を扱うようになる事例が現在では多くなっています。専門知識を持った買取スタッフも常駐しているので安心です。家にある金のアクセサリーなどを手放したい人は、買取価格などを調べてみてもいいと思います。初めて金買取を利用する方に押さえてほしいポイントは、詐欺まがいの店の被害に遭わないよう、慎重に店を選ぶことだといえます。金額だけを前面に出した広告に釣られることなく、怪しげな店ではないか、本当に信用していいのかをよく検討した上で利用する必要があります。少しでも怪しげな点がある店はトラブルに遭う前に避けて通ることです。買取額が他と比べて高い場合は特に注意してください。そういう店ほど高額な手数料を取るケースがあるので、電話で問い合わせるなどしてよく調べてください。買取店の鑑定士は常に偽物の可能性に目を光らせています。精巧に作られた贋物を金と偽って店に持ち込む輩もいます。金メッキ製品の表面にレーザーで本物同様の刻印を入れるなどして、プロの鑑定士を欺こうとしてくる悪質な手口もあります。しかし、磁石による検査、刻印周りのキズでも判別できますし、比重計を使えば水に沈めた場合の重さの変動をもとに、比重を求め、金の純度を判別することが可能です。また、中には比重計で見破れないタングステン製の偽物なども存在しますが、試金石という、ケイ酸を多く含む特殊な石を用いて検査すれば、たとえ見た目や比重を似せてあっても、容易に真贋を判別できるのです。金製の指輪やネックレスなどは、かつては気に入って使っていても、時代遅れのデザインだったりしてさっぱり身に着けなくなってしまったものもあるでしょう。自宅にそうした商品を眠らせている方は、金買取のお店で売ってしまうのも正解でしょうね。ただ、それが本物の金やプラチナかどうかは気をつけないといけません。自分は本物だと思っていたのに、鑑定してもらうと贋物だった事例もあるのです。買取に行ってそういうことになったら、泣き寝入りするしかないですね。金の買取を利用する際には、果たして満足できる金額になるのか、誰しも気にされるところですよね。それはその時によって異なるとしか言えないのです。国際情勢や景気の良しあしなどにより、金の相場はその都度変わるので、いつ売るかによって値段が大きく変わってくることもあります。そのため、少しでも高い金額で売却することを望むなら、常に情報収集を怠らず、金の値段が上がったタイミングを見逃さないことで、得できる可能性は高まります。もう身に着けなくなり、自宅で眠っている貴金属製のアクセサリーなどがある人は多くいるようです。そうした品物をお持ちの方は、買取店に持ち込んで買取してもらうことを考えてみてはどうでしょう。貴金属の買取を受け付けているショップも最近は増えてきましたので、手持ちの金製品がいくらになるか複数のお店で見てもらって検討してみてください。未だ記憶に新しいリーマンショック。それから今までの間に、徐々にですが、市場における金の買取価格が上がりつつあります。近頃はそれに加えて、ギリシャ国内では、経済危機が限界に達したため、国民が銀行から預金を下ろせなくなってしまいました。この出来事もまた、リーマンショックと並んで、金製品の買取価格が上がる要因となったと推測されます。ともに高級品として知られる金とプラチナですが、どちらが高価かを即答できる人は少ないかもしれません。プラチナの方が原則的には高価です。一時期は金の3倍ほどしたのです。理由としては、金と比べて特定の地域だけに偏在していることや、総生産量の圧倒的な少なさが挙げられます。ちなみに金の年間生産量約2500トンに対し、プラチナは約200トンしかありません。これらはいずれも、永遠に劣化せず輝きを保ち続ける金属なので、世界のどこでも通用する価値を持っていますが、有史以前から現在まででオリンピックプール3倍分(金の場合)に過ぎないという、圧倒的な流通量の少なさが、その価値を形作っているというわけですね。昔は素人が金買取の情報を得るのも一苦労でしたが、最近では金買取を扱うお店も増えてきたので、ネットで情報収集することもお勧めです。金に限った話ではないですが、貴金属は相場変動が激しいので、慌てて売るのはよくありません。さらに、お店によって鑑定料や手数料のシステムも異なるので、他と比較検討しないままお店を決めたら、「他所で売ればもっと高くなったのに!」と後悔する可能性もあります。また、訪問購入といって、向こうから自宅にやってくるタイプのところは、詐欺スレスレの酷い営業をしている場合が多いです。純金以外にも、金には沢山の種類があることを知っていますか。カラットの略であるKを用い、純金なら「24K」などと表現します。銀や銅など他の金属との合金であるものは、「18K」などになります。勿論これは純金より安いのです。例えば18Kなら、24分の18なので、金は75%ということになります。銀や銅、パラジウムなどを混ぜるのですが、その比率によって色が違い、銅と銀を同量ずつ混ぜたイエローゴールドをはじめ、レッド、ピンク、グリーン、ホワイトと様々に色合いが変わるのです。金を売りたいなら、純度によって大きく値段が変わるのだと思っておいてください。昔貰ったけどもう使わない、というネックレスの売却を望む方は、刻印を確認してみましょう。金製品にはほぼ必ず、「K24」や「K18」など、刻印が入っていると思います。K24が純金で、数字が小さくなるほどに純度が低くなります。含まれる金の割合は、K24で100%、K18で75%と解釈してください。金やプラチナ、シルバーなどでは、全て純度により市場価値は変わってくるということです。買取にも色々な方式がありますが、最近増えてきたのが、郵送買取と呼ばれる、貴金属を送って買取査定をしてくれるサービスなのです。どんなものかというと、買取してほしい品物をまずは店に送って、あとは店頭に持ち込んだ場合と同様に査定を受けるというものです。お店は数日以内に査定額を通知してきますから、そうしたらその額で買取してもらうかを決めればいいのです。営業時間の制約がある店頭買取と違い、ネットの申込なら時間や場所は関係ないので、地方にお住まいの方や、お店に商品を持って行くのが億劫だという方のための形態と考えてもいいかもしれません。残念ながら金買取には悪質なケースもあります。業者が家を訪れ、使っていない金製品を買い取りますなどと言い、二束三文で買い叩いていく、押し売りならぬ「押し買い」とでも呼ぶべきケースがここ数年で急増しています。まるで持ち主に利益があるかのようなことを言い、なかなか首を縦に振らない人には、しつこく粘ったり、強引な態度で無理やり買い叩くなど当たり前です。当然、こういうことをする業者はまともな商売人ではなく、もちろん、ちゃんとした契約書なども出してくれません。こういう人間が来ても一切相手にせず、追い返すようにしてください。原則として、18歳未満の子供は、古物営業法や青少年健全育成条例に基づき、金買取の利用は不可能です(金製品に限った話ではありませんが)。青少年が犯罪被害に巻き込まれることを防ぐためにも、店ではそれ以外にも独自の規定を設けているケースが多く、未成年者は、たとえ18歳以上でも、少なくとも一人では買取を利用できません。18歳以上20歳未満で買取ができる場合でも、親の同伴か、同意書の提示が必要な場合がほとんどでしょう。金やプラチナなどの買取ショップでは、トラブルを避けるため、年齢制限が原則としてあります。したがって、中高生など未成年は買取してもらえないと思った方がいいでしょう。とはいえ、例外的に、成人していなくても、18歳から利用できる場合もあります。しかし、法定代理人である親が署名捺印した同意書が必要です。さらに、保護者が同意していたとしても、本人が高校生であれば買取はできないのが普通です。少し前に、祖母の逝去に伴って、私も遺品の指輪をもらったのですが、傷物や色褪せているものも中には混ざっていました。最近よく見かける金買取ショップに持っていけばいいと聞いて、本当に大丈夫か心配だったのですが、ホームページがしっかりしていたので、思い切って利用してみました。私はほとんど価値はないと思っていたのですが、真剣に査定してくれましたし、お店の雰囲気も思ったより開放的でいい感じでした。買取額も十分納得できるもので、利用してみて正解だったと今では思います。金買取は、直接店に行かなくても、ネットでも可能です。メールやラインで商品の画像を送ると、おおよその査定をしてくれる場合もあり、ネットでお客さんを掴もうという営業努力が見られます。直接お店に行かない形式の買取でも、免許証など身分を証明するもののコピーを送る必要があります。また、なるべく高値での買取を狙うなら、色々なお店のサイトを見比べて、一番良い所を選びましょう。買取額が高くても手数料を引かれてしまう場合もありますが、手数料をゼロと謳っている店も最近は多いですので、そうした情報も参考にして、売却するお店を選ぶといいです。金製品を売却したいと思っても、お店選びで慣れていないと悩む人が多いみたいですね。わざわざ売りに行く以上、可能な限り高く売却できるのがいいというのは利用客としては当たり前の話です。では、どんな基準で選べばいいのか。ポイントは、ネットで見られる、お客さんからのレビューや口コミです。多くのお客さんから高く評価されているお店なら、ちゃんとした買取をしてお客さんを満足させているのが容易に見て取れます。株式や外貨など、投資の対象となるものは多いですが、昔からその代表といえば金です。何と言っても金は値崩れしにくいのです。国際関係に左右される外貨と違って、金の価値は一定だからです。全世界で普遍的な価値を有していることも、外貨や株式と比べて金が値崩れしない要因です。しかし、大きな情勢の変化があれば金の相場も変動することがあるので、実際に買取に持ち込むなら、事前にその時の相場をチェックしてから売るのがいいと思います。多くの金買取は法律に則って誠実に行われていますが、一方で、一部では残念ながら詐欺のケースも存在します。中でも「訪問購入」のケースは悪質なものが多いので気を付けましょう。金買取業者を名乗るものが自宅までやって来て、要らない金製品を買い取るとゴリ押しするものです。訪問販売の「押し売り」とよく似た「押し買い」のケースですが、店に売りに行く場合と比べて非常に買取金額が低かったり、後から売却のキャンセルを申し入れても応じなかったりと非常に悪質です。弱々しい態度で話に応じていると、ひどい被害を受けてしまうので、そういう業者がやって来ても、一切相手にしないようにしましょう。普通のサラリーマンが普通に手持ちの金製品を売る程度では、貴金属を売却して利益を得ても、税金を課せられることはほぼありません。もちろん、買取業者の方では、取引の量が個人とは違いますから、所得額の申告を行い、結構高い税金を課せられているでしょう。その点、個人ではよほどの資産家でもない限り、課税対象になるほどの取引はしませんよね。ですから気にする必要はないのですが、法律の変更などもありますから、買取店の人に教えてもらうか、事前に税理士さんなどに聞いて調べることで不安を払拭しておきましょう。頼んでもいないのに家に業者が訪問してきて、一方的に金製品を買取させてくれと居座ってくる訪問購入というケースがあり、問題視されています。お店に売りに行く場合に比べて、買取金額が非常に低かったり、ちゃんと検討できないまま強引に買取を進められてしまったなどで、悔やんでも悔やみきれない方が少なくありません。こうした訪問購入のケースに対しては、法改正によってクーリングオフ制度が使えるようになりましたから、8日以内なら品物を取り戻すことができるし、なんなら8日間は品物を渡す必要すらないことを知っておき、悪徳業者のゴリ押しに負けないようにしましょう。もう使っていない金製品などを買取に出す際は、以下の内容を頭に入れておいてください。金買取のルールは明確に決まっているわけではないので、持ち込む店舗により、買取額や手数料などの諸条件が大きく変わってくることです。そのため、店舗ごとの買取価格やその他の条件をネットで調べて、損しない売却先はどこか、真剣に考えるのがいいですね。初めて金買取を利用する際のスタートラインは、店の選択がすべてです。高値で買ってくれる店を選ぶことに加え、買取までの流れや、振込ならそのタイミングなど、見るべき点は多いです。最後の決め手としては、店の信用度や取引実績をチェックすること。これに尽きます。信頼のおける情報といえば、そのお店で実際に買取をしてもらった人のレビューです。口コミやレビューの点数が高ければ安心なので、そういう店を選びたいものですね。ここ数年、金の市場価値が次第に上がってきているので、手持ちの金製品を買取に出したというケースでは、年間20万円以上の利益が出ている場合などは、必要な書類を揃え、確定申告の手続きをしなければなりません。金の売却によって生じた利益(売却額から購入時の価格や雑費を引いたもの)は、給与取得者であれば原則的には譲渡所得として扱われますが、50万円の控除枠があるので、所得のうち50万円までは非課税です。売却した金を取得した時期によっても計算式は異なりますが、概ね50万円以下の利益なら税金はかからないということになります。昔は使っていたけど今は不要だという金やプラチナの装飾品があったら、金・プラチナ買取系のお店に持って行くのもいいですね。とはいえ、店舗ごとに買取額の基準や、手数料のシステムが異なるため、複数のお店の情報を比較検討してなるべく高値になりそうな店を選ぶべきです。一点だけならともかく、いくつも売る場合は、買取額にも大きな差が出てきますので、店の選択には注意しましょう。初めて金買取を利用する方が必ず気にされることといえば、売りたい金製品はいくらの値段での買取が見込めるのかを事前に知っておくことでしょう。目安として、日本における金価格の算出法を知っておきましょう。日々変動する金の国際価格に対し、まずそれを金の重量単位である1トロイオンスで割り、ドル円レートを乗じると、日本における金の価格が割り出せます。よく知らないまま安く売却してしまわないように、正確な相場を把握しておき、買取店の提示している価格が妥当なものか判るようになっておけば怖いものなしですね。貴金属買取を扱うお店では、意外なほど様々な種類のものに値段をつけてもらえます。金製品を買い取るなどと言われると、インゴットや金貨、あるいは指輪などの高級品にばかり考えが至りがちですが、意外にも日用品にも金が使われているものがあるのです。金歯や金縁の眼鏡などは、お持ちの方も多いでしょう。メガネのフレームで金が使われているものや、古い金歯などでも買い取ってくれる場合が多いです。最近は金買取のお店も増えてきましたが、その中には買取額の何パーセントといった手数料や、鑑定の費用などを有償で設定している店もあります。その他、目減り、重量の端数分などの減額も有り得ます。こうした費用を有料にしている店舗では、表向きの買取額が高くても、現実に買取額として受け取れる金額は低くなることになります。上手いこと騙されてるような気がしますね。皆さんも、利用するお店を選ぶときには、この点を確認しておくことをお勧めします。プラチナと言われてプレゼントされたアクセサリーを買取に出すと、実はホワイトゴールドで、プラチナとは全く別物だったなどというケースが割と多いようです。もちろん、両者は別物です。古くはロシア革命の頃、プラチナの供給が激減したため、よく似た見栄えの代替品としてホワイトゴールドが作られるようになりました。ホワイトゴールドは一般に18金か14金です、K18WG、K14WGなどの刻印があれば、ホワイトゴールドだという証です。代替品と聞くと安そうな印象ですが、金であることに変わりはないので、それなりの値段で買い取ってもらえるのは確かです。